ブログ

あじざいゼリー

梅雨に入り、じめじめとした毎日が続いていますね。
6月といえば梅雨、梅雨に見ごろを迎える花と言えば紫陽花(あじさい)
紫陽花は古くから厄除けの花と言われ、紫陽花の花を玄関に飾っておくと7つの病気から守ってくれるとも言われています。
紫陽花の花を逆さにして吊るしておくという、厄除け祭りも全国各地で行われているそうです。

きれいで癒しになるだけでなく、色々な意味を持っているのですね。

当院では職員食と患者様の食事に、あじさいゼリーが出ました。
ソーダ味とカルピス味のゼリーで、葉の部分は抹茶ゼリーです。

食べるのがもったいないくらいにきれいなゼリーでした!

 

ページ上部へ戻る